おくま堂の日々

.23

ホッキョクグマ

最強に可愛い本物

昨夜、「羊毛フェルト ホッキョクグマ」で検索し、
色んな作家さんのホッキョクグマ作品を拝見しました。

シロクマ、ホッキョクグマはわんちゃん、ねこちゃんには及びませんが、
製作対象として魅力のある動物。
みごとな作品がずらり....いつかこんなのが作れるだろうか?

自分の未熟さに、見の細る思いでございます…>_<…
(思いだけではなく、実際に細らないと...正月太りの解消ができないまま、次の正月を迎える結果に~)

つたない作品の数々の振り返り、今日も続きますっ!

ホッキョクグマを作るなら、一度は必ず作ってみたいシチュエーション、こぐまを乗っけたおかあさん。
20140123_1.jpg

20130123_5.jpg
顔の作り方にだんだん慣れてきたころ。
手足の表現がまだまだです。


次は、恐れ多くも植毛に挑戦です。
芯をテクノロートから、造花用の針金に変えました。

植毛中。題してポリネシアンダンサー
20140123_3.jpg

出来上がり。
めちゃ太ってるぅ(; ̄ェ ̄)
植毛って、かなりがりがりに作らないと、こんな結果に....
20140123_4.jpg
植毛は失敗だったけど、
芯が針金だと、作成後ある程度手足を動かしてもOKなので、ポーズをつけ易いことを発見したのでありました。


最後に、只今製作中のくまをひとつ。

ホッキョクグマの出産シーズンは11月~1月初頭、ピークは12月です。
今シーズン日本では、和歌山の白浜アドベンチャーワールドで、昨年11月に雄の赤ちゃん1頭が生まれました。
人口哺育なので、お母さんの子育ては見ることができませんが、生後10日目ぐらいから公開されています。
(母が育てる場合は、3か月程度真っ暗な産室の中なので、監視カメラの映像越しの姿しか見れません)

この頃の、まだ目が開かない、肌にピンク色の残った赤ちゃんを作りたい!
と思い立ち、昨日から取り掛かりました。
20140123_5.jpg
鳥のヒナみたい....

パーツ分けして、作っていく方法もあるのですが、
自己流なので、全体同時進行で作ってます。

顔とか肉球とか作るのたいへんなんだけど....模索中です

でもどう作ったところで、最強に可愛いのは本物のこぐま(≧∇≦)



↓ポチッとしていただくと、もっとちくちくに励みます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

NEXT Entry
大切な思い出がこもるもの
NEW Topics
ここにはこんな楽しい時間がある。
2.5D母子の仕上げと、生徒さん作品のお披露目♪
何度も作ってみないとわからないこと...
クリスマス企画もそろそろ...
母子でサーフィン?

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

りつ

Author:りつ
2013年夏、羊毛フェルトに出会いました。
大好きなホッキョクグマを中心に、日々制作しています。


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -






おくま堂にようこそ

最新トラックバック

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

RSSフィード 管理者ページ