おくま堂の日々

.17

いろいろ

20年目のこの日。

思えば20年前の1995年、
社会的にも、個人的にも大きな出来事があった1年でした。

1月の阪神大震災、3月の地下鉄サリン事件、
その後のオウム真理教にまつわる事件、
同じく、3月に人生初めての外科手術を受け入院。
そしてこの年の秋、結婚して東京に移り住みました。

20年の節目でもありますし、
このブログにとっては、初めてめぐってきたこの日なので、
今日のこの日に思うことを、少しだけ書きとめておきたいと思います。


あの日の朝は、一人暮らししていた大阪のマンションで迎えました。
住んでいたのは大阪の東の街。
揺れも神戸や西宮など阪神間の街、北部大阪に比べて、
ずいぶんましだったと思います。
被害は棚に置いてあった物が落ちたことぐらい、
家具も倒れませんでした。

それでも、ものすごい揺れとものすごい音でした。
大きな揺れですぐに目が覚め、地震だと気が付きましたが、
ベッドから起き上がることもできず、暗闇の中でひたすら神に祈りました。
起きていることが信じられませんでした。
経験したことのない恐怖でした。
繰り返しますが、被害のでなかった場所でさえそんなだったのです。

夫が生まれ育った街は、最寄駅がぺしゃんこに倒壊。
この年のお正月に夫の実家を訪れました。
数日前に降り立ったばかりの駅です。
実家は、壁に亀裂が入り、家具はすべて倒れました。
食器はすべて割れ、調味料のビンが割れて中身が散乱しました。
夫はそのころ東京暮らし、この日はめったにない海外出張。
なので彼はこの震災を経験していません。
NYでこのことを知り、すぐに国際電話をくれましたっけ。
もう電話はほとんどつながらなくなっていました。

まだ携帯電話もインターネットもそれほど普及していない頃、
政府の動きは鈍く、情報収集はうまく行っていませんでした。
自衛隊は、被災地を目の前にしても活動することができませんでした。
命令が出るまでに複雑な手続きが必要だったからです。
この震災後、ずいぶん命令系統が整備されたことを、
東日本大震災で知りました。


あの地震がどんな爪痕を残したか、
それはここ数日、テレビ番組などでたくさん報道されています。
けれど映像では伝えられない、あの空気感、匂い、音...

地震の数日後の被災地に、
電車で行けるところまでしか行かなかった私でさえ、
あの目の前の光景は、決して忘れることができません。
電車から見える、見慣れたはずの街が変貌した姿。
電車のなかの土埃。やはり埃っぽい服を着たリュックを背負った人々。
駅の周りの崩壊したマンション、家...


書きたいことは山ほどありますが、
なかなかまとめることができません....
あの地震の後、小さな揺れにさえ過敏に反応する自分がいます。
被害にあっていない私でさえ、そうなのです。

そして、東京に住んで十数年後、
今の家に引っ越した翌日に起きた、4年前の地震と津波のこと、
続く原発事故のこと、計画停電下の仕事や生活のこと。
書きつくせません。

震災の被害者の方々には、
20年前の過去のことではなく、今も続く痛みであることを、
決して忘れてはいけないと思っています。


思いは色々ありますが、
書くのはあきらめて、ただただ今日は、
あの日天に召された命とその家族のことを想うことにします。
20150117_1.jpg
安らかに...



↓1日1回ポチッとしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

NEXT Entry
おでこぐま、完成まであと少し!
NEW Topics
箱入り母子の出品、そして次回作。
2.5D母子改め、箱入り母子となりました♪
ここにはこんな楽しい時間がある。
2.5D母子の仕上げと、生徒さん作品のお披露目♪
何度も作ってみないとわからないこと...

Comment
298
20年前、ウチは京都でしたが震度5で、当時住んでたマンションもかなり揺れました。壁や戸がずれて、戸がきちんと閉まらなくなりました。
大好きな神戸の町は大変なことになっていて、主人が独身時代に住んでいた六甲駅の近くのアパートは跡形も無くつぶれてました。。。

昨日はいろんな思いを胸に神戸を訪れました。
そして、王子動物園にも寄り、アイスやみゆきも震災を体験し、さぞや怖かったんだろうなと考えたりしてました。。。

日本列島に住んでる以上、地震は逃れられないのですが、大地震はもう起こって欲しくないですね。。。

299
Natsukoさんへ
あの時は本当に怖くて、辛かったですね。
大好きな神戸や阪神間の街、遊びや仕事で通った高速道路があんな姿に変わってしまいました。

建物が入れ替わり、街の風景は復興しても人の心はあの時を忘れられないですよね。
東日本大震災のとき、阪神大震災で危機管理のマニュアルがずいぶん整備されたのだなと感じる事がありました。
あの時の気持ち、決して忘れないでおこうと思ってます。

アイスくん、みゆきちゃん、まだ子供の頃ですよね。
彼らは覚えているのかな。


Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

りつ

Author:りつ
2013年夏、羊毛フェルトに出会いました。
大好きなホッキョクグマを中心に、日々制作しています。


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -






おくま堂にようこそ

最新トラックバック

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

RSSフィード 管理者ページ