おくま堂の日々

.12

ホッキョクグマ

ツインズはいずこに?転送○○って??

もう朝からジリジリ...
こんな日は、おばちゃんは昼間出かけたらあかん..
朝のテラスの植物への水やりで、もうすでにぐったりヽ(´o`;


さて、このことは書こうかどうかちょっと迷ったのですが、
将来、同じような思いをされる方もいらっしゃるかも..と、
記録することにしました。
ちょっと長くなります。文字数多いです。

制作中からお披露目していた、このツインズ。
20140304_6.jpg

里親が見つかったという記事を、約2週間程前に載せました。
今回はiichiではなく、別のハンドメイドマーケットが窓口です。

先に書いておきますが、
iichiは海外販売対応をしていますが、私は設定していません。
今回のマーケットは海外対応はしていないと思います。
また、これから書く内容は、
決してマーケットを批判するものではありません。

ツインズをお買上いただいた方は外国人名でした。
添付のメールはありませんでした。
クレジット決済でしたので、
すぐに発送の準備に入らなければなりません。

お買上の際、配達時間の指定がなかったのと、
ラッピングは「なし」を選択されていましたが、
いつも指定なしでも、ラッピングしているので、
上記の2点について、再確認のメールを送りました。

私もぼけてますが、メール送付後に住所の末尾に、
7桁の数字と「転送○○」という文字が
連なっていることに気がつきました。

「なんじゃ?」と思い、検索。
そこで初めてそういうサービスがあることを知りました。
海外対応をしていないwebshopや通販で物を買いたい、
だけど、日本に住所がない、そんな海外在住者が利用する、
転送サービスをする会社があるのです。

手数料と海外発送の送料を支払うことで、
その転送サービスの会社が荷物を受取り、
購入者に転送するというシステム。

もちろん、その転送サービスに文句を言うつもりもありません。
海外に住んでいる日本人や、
日本の製品を買いたい外国人もいらっしゃるでしょうから。


結局、最初のメールへの返事がないまま、
再度、受取先が転送○○のため、時間指定なしで送ること、
ラッピングはサービスであることを伝えるメールを送り、
転送○○宛発送しました。

購入者に対して、この時点でわかっているのはお名前のみ。
何かあってはと、細心の注意を払って荷造りし、
そのマーケットでは出力できない取引明細書を自作、
手書きの手紙と一緒に同封しました。

残念ながら、英語は苦手。
購入者も英語圏のお名前ではなかったし、
一応フリガナはカタカナだったし、メールも手紙も日本語です。

マーケットの「発送しました」ボタンを押し、
数日後郵便局から、お届け通知のはがきも来ました。
当然受取先は「転送○○」。

その結果、いつまでたっても「受取完了」のボタンは押されないまま、
2週間を経過。

マーケット側のマニュアルにあった通り、
昨日マーケットの事務局に連絡を取り、
完了手続きを代行していただきました。
これで売上げも確定し、代金をマーケットに請求できます。

実質、なんの損にもなっていないし、
「売る」と決めて出品しているので、
売れたらいいじゃないかと言われたらそれまでなのですが..


それでも、なんと言ったらいいでしょうか、
やっぱり生みの親としての思いがあるのです。
自分の作品がどのような方の手に渡ったのか、
大事にしていただけるのか、
また、受け入れてくださった方の、役に少しでもたっているか、
何か不備のあることになっていないか。
作品を販売されている方々に共通の思いだと感じます。

決して安くはない買い物。
さらに手数料や送料が必要です。
私としては、お買上いただいた方が、
ものすごく気に入って、なんとしてでも手に入れたかった、
当然、大事に可愛がっていただいている、
悪用などされていない、
そうであって欲しいと心より願っています。

ただ、言葉はできなくても、
せめて到着後の写真だけでもかまわないので、
メールで送ってほしかったと思うのです。
こういうやりとりって、日本だけの習慣ではないですよね。


こうして海を渡ったツインズ。
改めて見ると、いかだに乗って漂流しているように見えてしまいます。
20140712_1.jpg

君たちが辿りついたのはどこ?
だれかを喜ばせることはできた?


せめてこの子は、
ああ、今頃はあの街の空の下にいるんだなと、
そう思えるおうちに住めますように。

ぼさぼさちゃん
20140712_2.jpg

ハハは切に願うのです。



↓1日1回ポチッとしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

NEXT Entry
少し羊毛から離れて..
NEW Topics
生徒さんのクマたちも、姉弟グマも...
2体同時に絶賛植毛中ʕ•ェ•ʔʕ•ェ•ʔ
さぁて、植毛開始です(^-^)b
今日も行ったり来たり...
やり直しのポッチャリ男子、そのモデルは...

Comment
61
そうだったんですね。。。
私もツインズがどうなったのか気になってました。iichiさんから写真も消えてたので、何かあったのかなと思ってましたがこういうことだったのですね。。。
転送サービス色々とややこしそうですね。。。
購入者様からも受け取ったのかどうかの返事もないのは不安ですね。。。
でも、わざわざ海外から購入されたということは、きっと気に入って購入されたのだと思いますよ。ひょっとしたら購入された方は、高齢とか何かの理由でコンピューターの使い方がわからず誰かに代理で注文手続きをお願いされたのかもしれませんし。。。
あんなにかわいいツインズだから、きっと喜んでもらえてかわいがられてますよ♪

62
Natsukoさんへ
コメントをありがとうございます!
ご心配おかけしました。

私も、やっぱりそうであってほしいと思ってるんです。
どこかで大切に可愛がって貰っている、そう信じたいのです。

お気遣い、とても嬉しいです!
めげずに作品を作って行きたいと思っています。


Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

りつ

Author:りつ
2013年夏、羊毛フェルトに出会いました。
大好きなホッキョクグマを中心に、日々制作しています。


カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30






おくま堂にようこそ

最新トラックバック

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

RSSフィード 管理者ページ