おくま堂の日々

.31

ホッキョクグマ

美人さん誕生!

昨日は、心揺さぶられる1日ではありましたが、
一方でとても嬉しい知らせも届きました。

1月22日付の「おかあさんとこぐま」をプレゼントした友人から、連絡がありました。


無事、女の子を出産

二重くっきりの美人さん誕生、将来が楽しみです♪( ´▽`)


お母さんになった彼女に拍手、パパさんにも

友人はお料理がとても上手で、食材にもこだわっています。
そんなおいしいご飯を毎日食べて成長する美人さんベビー(もちろんしばらくはミルクですけど)。
どんな女の子になるのかな?

一家はシンガポール在住なので、すぐにはベビーに会えないのですが、
遠い空から成長を見守っているからね。

本当におめでとう♪───O(≧∇≦)O────♪


そんなわけで、今日は最新作をご紹介。
先日から作り続けててやっと完成しました~♪ホッキョクグマの赤ちゃん。
20140131_1

最初生後1ヵ月想定で作りましたが、
おかあさんの手ベッドが、思いのほか大きくなり、
バランスからいくと、生後2週間といったところ?
ホッキョクグマの赤ちゃん成長記録、シリーズ化決定か?

おかあさんの手、がんばって植毛しました~!
リアルすぎる?

20140131_2

アップでどうぞ。
20140131_3

すやすや~
20140131_4


どうかどうか、2012年12月生まれのホッキョクグマのこぐまたちが、
いつか母になり、かわいいこぐまを育てることができますように


↓ポチッとしていただくと、もっとちくちくに励みます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

.30

ホッキョクグマ

娘たちが生きる場所

今日は日本のホッキョクグマ・ファンにとって、
心の揺さぶられる日となりました。


先日の記事で少し触れましたが、
現在、日本の動物園にいる2歳未満のこぐまは4頭です。

1頭は2013年の11月生まれの白浜アドベンチャーワールドの人工哺育の赤ちゃん、今、生後2ヵ月少し。
3頭は2012年12月生まれで1歳1ヵ月ほど、いずれも雌で、以下の内訳になります。

 札幌 円山動物園の双子ちゃん
 秋田 男鹿水族館の一人っ子ちゃん


上記のうち、男鹿水族館の一人っ子ちゃんは、
今日、母の故郷の釧路に移送されます。
もう、昨年から決まっていたことなので、心の準備はできていたんですけど....

とても楽しい母娘のコンビなので、大ファンです。
おもわず、去年の12月、こぐまのお誕生日のあたりから、
母娘を模して、こんなの作っちゃいましたもん。
20140130_1
あ、こぐまが茶色いのはウッドチップの上でころころして汚れたからです。
足元にころがっているのは、おもちゃのブイや、大好物のトマト。

20140130_2

水族館には、くまの手観察窓というのがあって(本当はもっと小さい、奥行きのある窓)、並んで立っているとこが可愛かったので、作ってみました。
20140130_3

何がショックかって、さらに昨日発表があり、
札幌の双子ちゃんが、各々四国と九州の動物園に、3月頃移動することが決定しました。
もう一年、おかあさんと一緒かな~と思ってただけにショックでした。


野生のホッキョクグマは、2年間おかあさんと一緒に過ごし、これからひとりで生きていく準備をします。
1年で引き離すのは、むごいような気がするのです。

日本の動物園のホッキョクグマは年々数が減っています。
パンダと同じくらい出産数も少なく、無事生まれてもお母さんに育児拒否されたり、細菌に感染して死んでしまう方が多いからです。

1歳でお母さんと、お別れさせるのは次シーズンの繁殖のため。


わかってますようぉ、人間の勝手な感傷だってこと(…>_<…)
動物園に閉じ込めて、エサ上げると立ち上がったり、プールに飛び込んでくのに歓声あげたりしてるんですもん。
野生のくまさんも、人間のせいで地球温暖化し、絶滅危惧種なんですもん。


でもね、移送のとき、檻に閉じ込められて恐怖と不安で「がー、がー」のどが枯れるくらい泣くんだろうな、と思ったら、つらくて悲しい....


順応性があるのですぐ慣れると言われても、
今日だけは、おばちゃん泣いてもええやろ(T ^ T)



↓ポチッとしていただくと、もっとちくちくに励みます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村


 

.29

ホッキョクグマ

好きになるには理由がある

心理学の用語に、

「シロクマのことだけは考えるな」

という言葉があり、意味合いは、
考えるなと言われると、逆にそのことばかり考えてしまうという人間心理のことと記憶しています。

毎日ホッキョクグマのことを考えている私、
例えれば、10代のころあこがれたイギリスのロック・スターの事のように


なぜ、ホッキョクグマが好きなのか、
理由はだいたいわかってます。

それは実家で飼っていたスピッツと似てるから。

白地に逆三角形を描く黒丸3個。
黒目勝ちな目が、横をチラ見するとき、ほんの少し見える白目。
似てるんです(≧∇≦)!!

よく吠える、人見知りする、階段は2段以上昇れないなど、しつけの行き届かなかったダメ犬ではありましたが。
まるでそのころの自分を形容するような言葉!

実家を出てしまい、彼(雄でした)の最後を看取れなかった悔いのせいでもあります。

いつかきっと、そっくりに作るからね、乱丸(名前です)!


その乱ちゃんに、ちょっと似ているくまちゃんを。
雪原を散歩するこぐまのイメージ。
20140129_1
20140129_2
2013年10月末頃、昨日のポーラ&オーロラの前に作った作品です。
ブークレ状にループのある毛糸を見つけたので、表面に刺しつけてみました。
やっぱり、顔のハート型の輪郭にこだわってます。

別角度でどうぞ!
20140129_1

もちろん、愛犬に似ているだけでなく、ホッキョクグマの身のこなしの優美さ、表情、孤独な生き方など他にも好きな理由はいっぱいあります。
その彼らのもつ表情を何とか表現したいと、日々ちくちく精進しているのであります。

シロクマのことばかり考え続ける毎日は続く



↓ポチッとしていただくと、もっとちくちくに励みます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村


.28

ホッキョクグマ

がりがりチワワ

今日も遠~いところから始まります....


ディズニーのキャラクター、みんな大好きですよね
わたくし、すでに大人になった段階で、東京ディズニーランドが出来た世代です。だけど、ディズニーのアニメ映画やTV番組(あ~涙が出るほど懐かしい(T ^ T)、年齢がバレるけど)で育ちました。
今も昔もみんなの夢の世界であることは、まちがいありません!

キャラクターの可愛さったら、もう誕生して何十年もたつとは思えません。
くまのキャラクターを見て、よく思っていたこと。
顔の造作の周りにハート型に輪郭が付いているのはなんだろう?

最近になって、ハタ!とひざを打ちましたよ~!
ホッキョクグマのこぐまの写真を見てたらあるんです、あの輪郭(≧∇≦)
(大人になっても季節によってはあるみたいです)
自分で撮った画像がないのでご紹介できませんが、札幌円山動物園、男鹿水族館GAOのサイトで見ることができると思います。

たぶん、目や鼻、口のまわりの毛は短いけど、顔の輪郭に沿って少しずつ毛が長くなっていく、その境目が光の当たり具合で影になり、輪郭に見えるんでしょう。

先日の記事の植毛こぐま、作りたくなったきっかけはこの「輪郭」を表現したかったからです。(結果、あまりうまく表現できなかったんですけど)
昨日のキャラぐまさんも、結果輪郭は作りませんでしたが、イメージスケッチでは構想に入っています。


前置き長~い。
で、2013年11月頃できたのがキャラぐまの発展系、
シロクマの双子「ポーラ&オーロラ」(勝手に命名)。

写真ではわかりにくいのですが、例のハート型の輪郭つけてます。ランキングのバナーの方がはっきりわかるかも)。
題して3歳のお誕生日のお祝いです。
20140128_2

アップでもうひとつ!
20140128_1

リアル系ではないデフォルメ系のくまは「シロクマ」と呼ぶことにしました。
ポーラもオーロラも、動物園でホッキョクグマの雌につけるオーソドックスな名前です。

自分なりに納得する出来だったので、鼻息荒く「ハマナカ羊毛フェルトコンテスト」に出品しましたが、あえなく撃沈…>_<…
一次審査を合格してらっしゃるみなさんの作品を、何点かご自身のブログで拝見しました。
うん、納得です。まだまだだと思いました。


夫が見て一言、「がりがりチワワ」。
洒落も冗談もヘタな夫にしては、言いえて妙な表現ですこと


↓ポチッとしていただくと、もっとちくちくに励みます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村


.27

いろいろ

茶ぐま、キャラくま

先日、スーパーに買い物に行って発見(;゚Д゚)

何がって、清涼飲料水売場でふと上を見上げたら、例のコーラのCMのホッキョクグマ一家の販促用のポップと垂れ幕(?)がどどーん!と飾ってあるじゃありませんか!

あのコーラの会社のイメージキャラクターはホッキョクグマだということは存じ上げておりました。
今年のキャンペーンのマスコットも、ふだん飲まないコーラを買って手に入れましたよ~。
ちょっとハズレだったみたいで、片耳がなぜか顔の中心部に付いてました.....クリーナーとして愛用してますけど。

You TubeでCMのくまさん一家物語、長尺バージョンも見ました。
ホッキョクグマは父親は育児に参加しないし、へたしたらこぐまさん食べちゃうし、あの一家の光景はありえないんですけどね。
けど見たらほっこりしますよね、あの世界♪

いつ、スーパーのお客様カウンターに行って、
「つかぬことをお伺いしますが....」と、ポップ譲って~話を持ち出すか悩んでおります(; ̄ェ ̄)


さて、土日ははかどらなかったけど、最新作の進行状況。
20140127_3
手足の細かいとこはこれから。背景も考えないと...
結局、顔は別につくりました。
ごめんね~と言いながら、いったん首をもぎましたっ!


そしてまたまた振り返り。
時間は2013年10月に戻ります。

色んな色の羊毛を買ったので、他の色のくまに挑戦(また、くまかい!)。
たぶん、ヒグマのこぐまの写真を参考にしました。

同じくまなので、もちろんパーツは似ていますが、ホッキョクグマと比べて配分が違うというか、体つきのバランスは全く違うのですね~。
横顔のシルエットも微妙に違います。
20140127_1
なんだか、良くわからないものになっちゃいました…>_<…
ごめんね、茶ぐま。


本物に近いホッキョクグマを作りたい、
擬人化や、キャラっぽいものはあまり作りたくないな~と思ってたんですが、少し煮詰まりました。
白黒以外の羊毛を使いたいというのもありました。

ちょっとやってみるか~ということで、洋服着せて、自分なりのくまさんの顔を作ってみようとイメージスケッチ。
20140127_5 20140127_4

で、出来上がりがこれです。
20140127_2
イメージ通りには出来なかった~
白目部分を作って、目に表情を出したかったんですけど....ちょっと違う!
頭と体のバランスも、もうちょっとメリハリが欲しかった~(T ^ T)

洋服部分には、一部フェルケットを使用しました。
頑張ったけど、いまひとつ。
精進の日々は続く⊂((・x・))⊃



↓ポチッとしていただくと、もっとちくちくに励みます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村


.25

ホッキョクグマ

くまの王国の若き王

イタリアのルキノ・ヴィスコンティ監督。
素晴らしい映画をたくさん残して、もうずっと以前に亡くなられてしまいました。

若いころ見た彼の映画。
自分が年を重ねるにつれ、そのひとつひとつのシーンの意味が若いころより、理解が深まる気がします。

監督の最晩年の作品のひとつ「ルートヴィッヒⅡ世」。
ババリアの王様ルートヴィッヒⅡ世を演じるのは、最高に美しい横顔の持ち主、ヘルムート・バーガー。
いとこエリザベートは、やはりもうこの世にいない、美しい大人の女優ロミー・シュナイダー。

映像はどのシーンも息をのむほど美しい!
人間も背景も!むごいシーンでさえ美しい~(T ^ T)


....ものすごい遠いところから話を始めてしまいました....

急に、くまの王を作りたくなったんです!2013年の10月のことです。
そこで「ルートヴィッヒⅡ世」で検索し、王様の正式な装束を参考にした、それだけのつながり~

勝手に「ナヌーク12世」と命名。
20140125_3
ケープは端に羊毛をちくちく、王冠は金属パーツに羊毛を入れて、頭に乗せる部分はケープとお揃い。

「ナヌーク」とはイヌイット語でホッキョクグマのことだそうです。
表情に威厳を出せたでしょうか?


では戴冠式を終えたばかりの若き王のポートレートです。
20140125_1

え~い!モノクロでもうひとつψ(`∇´)ψ
20140125_4


夫曰く「ガンダムやな・・・」
ガンプラに夢中な大人と一緒という意味か?



↓ポチッとしていただくと、もっとちくちくに励みます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村




.24

大切な思い出がこもるもの

今日は3月並みの暖かさになる模様です。
だけどこう言われるたびいつも思う、3月ってあったかい?
♪春は名のみの~と早春賦を心の中で歌う....

さて今日の振り返り、
やっとホッキョクグマ以外のカテゴリ分類です
2013年9月後半の作です。

他の動物に挑戦するぞ!と意気込み、母の亡き愛犬雑種の「ちび」を作ることにしました。

私はほとんど直接会ったことがなかったので、写真を送ってもらって参考にしました。

モデル写真を参考に製作中。
ちびは柴犬とのMIXということで、柴犬の画像も参考にしました。
20140124_1
昨日の記事で、芯に針金を使い始めたと書きました。
実はこのちびちゃんが初挑戦です。くまより足が細いのでテクノロートじゃ弱いかな~と思い、針金を使うことにしました。

4本の足の長さとバランスを取るのがむつかしい、
鼻のパーツの大きさに顔の大きさを合わせて...など、
くまとは違うむつかしさがあります( ̄O ̄;)


なんとか完成
まんがっぽい仕上がり....
胴体に比べて頭が大きいし、手足の指は表現できてなくてグーしてるし、
自分の腕に満足できないところは多々あります。
20140124_1

それでも、母はとても喜んでくれました。
亡き愛犬に話しかけてたように、このちびちゃんに声をかけているようです。

人間より寿命が短くて、先に旅立ってしまうペットたち。
自分が生きている間に、何匹見送ったことでしょう。
大切な大切な、彼らと過ごした時間の思い出。

いつか、自信を持って、注文を受けたメモリアルドッグを作る、なんてことができるようになればいいんですが....

うん、毎日精進、精進、頑張ろう



↓ポチッとしていただくと、もっとちくちくに励みます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村

.23

ホッキョクグマ

最強に可愛い本物

昨夜、「羊毛フェルト ホッキョクグマ」で検索し、
色んな作家さんのホッキョクグマ作品を拝見しました。

シロクマ、ホッキョクグマはわんちゃん、ねこちゃんには及びませんが、
製作対象として魅力のある動物。
みごとな作品がずらり....いつかこんなのが作れるだろうか?

自分の未熟さに、見の細る思いでございます…>_<…
(思いだけではなく、実際に細らないと...正月太りの解消ができないまま、次の正月を迎える結果に~)

つたない作品の数々の振り返り、今日も続きますっ!

ホッキョクグマを作るなら、一度は必ず作ってみたいシチュエーション、こぐまを乗っけたおかあさん。
20140123_1.jpg

20130123_5.jpg
顔の作り方にだんだん慣れてきたころ。
手足の表現がまだまだです。


次は、恐れ多くも植毛に挑戦です。
芯をテクノロートから、造花用の針金に変えました。

植毛中。題してポリネシアンダンサー
20140123_3.jpg

出来上がり。
めちゃ太ってるぅ(; ̄ェ ̄)
植毛って、かなりがりがりに作らないと、こんな結果に....
20140123_4.jpg
植毛は失敗だったけど、
芯が針金だと、作成後ある程度手足を動かしてもOKなので、ポーズをつけ易いことを発見したのでありました。


最後に、只今製作中のくまをひとつ。

ホッキョクグマの出産シーズンは11月~1月初頭、ピークは12月です。
今シーズン日本では、和歌山の白浜アドベンチャーワールドで、昨年11月に雄の赤ちゃん1頭が生まれました。
人口哺育なので、お母さんの子育ては見ることができませんが、生後10日目ぐらいから公開されています。
(母が育てる場合は、3か月程度真っ暗な産室の中なので、監視カメラの映像越しの姿しか見れません)

この頃の、まだ目が開かない、肌にピンク色の残った赤ちゃんを作りたい!
と思い立ち、昨日から取り掛かりました。
20140123_5.jpg
鳥のヒナみたい....

パーツ分けして、作っていく方法もあるのですが、
自己流なので、全体同時進行で作ってます。

顔とか肉球とか作るのたいへんなんだけど....模索中です

でもどう作ったところで、最強に可愛いのは本物のこぐま(≧∇≦)



↓ポチッとしていただくと、もっとちくちくに励みます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村

.22

ホッキョクグマ

手ごたえあり

う~ん、寒い...
湯たんぽかかえて作業する毎日。

冬になれば夏の暑さが懐かしい...ということで振り返り第二弾、
2013年8月に作った面々。
この頃から、芯(骨格がわり)にテクノロートを使い始めました。
数年前、帽子を編むのに使ったテクノロート、役に立ったわ~。

出来上がって、あれ?
胴が長い、顔も大きくて長い
一生懸命、日本一の美熊と名高い旭山動物園のピリカをモデルに作ったのにぃ~、ごめんねピリカ!
019_convert_20140122103010.jpg
ただ、ホッキョクグマの筋肉、骨格などを意識して作るという意識が芽生えた作品でもあります。

次は初めて「挿し目」に挑戦した作品。
プラスティックアイを目打ちであけた穴に接着剤をつけて押し込みます。
目に光が入ると印象が全然違う!

ただ、まん丸目はリラックマの様で、無表情になります。
リアルさを追求したいので、悪戦苦闘しながら黒羊毛でラインを入れたり、白羊毛でまぶたを作ったり。
別な意味で開眼
028_convert_20140122102727.jpg
ということで、自分の顔写真代わりに使っております...

今回の最後は、
赤ちゃんを授かった友人へのプレゼントとして作った、おかあさんとこぐま。
oyako2_convert_20140122103148.jpg

oyako3_convert_20140122103226.jpg
座っているおかあさんの足がうまくいかなくて、作り直したり、
こぐまの表情がイメージする通り作れなくて、何度か手を入れました。
改めて見るとまだまだな作品かもしれませんが、やりきった感あり

プレゼントしたお友達も今臨月。
もうすぐ可愛い女の子のママです。会える日が楽しみ


↓ポチッとしていただくと、もっとちくちくに励みます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村

.21

ホッキョクグマ

芯の通っていないころ

しばらく過去に作ったものの振り返りになります。
2013年8月に作ったくまたち。

昨日の羊毛刺しゅうのピースの後に、何だか立体で作れそうな気がしてくま作りに挑戦しました。
ホッキョクグマの写真を見ながらニードルわたわたをひたすらちくちく。手足を別に作ってジョイント。
表面はメリノでおおいました。
自己流なので、芯に針金などを使うなんて思いもよらない頃。

う~ん、写真見て作った割に、後ろ足が全然違います。顔は牛っぽいし
でも、初めての立体作品(最初に作ったキットの“赤ずきんちゃん”を除く)が何とか完成し、
やっぱりとても嬉しかったのでした

kuma 1st

次はこぐまに挑戦!
ちっちゃくて苦戦.. 肉球も爪も雑....写真もピンボケ

koguma_1.jpg

こぐま第二弾、ブイで遊んでます。
顔は可愛く作れたと、当時大満足♪ でもやっぱりピンボケ

koguma_2.jpg

明日から1本芯が通り、筋金入り(?)になります!


↓ポチッとしていただくと、もっとちくちくに励みます!

羊毛フェルト ブログランキングへ



プロフィール

りつ

Author:りつ
2013年夏、羊毛フェルトに出会いました。
大好きなホッキョクグマを中心に、日々制作しています。


カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -






おくま堂にようこそ

最新トラックバック

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

RSSフィード 管理者ページ