おくま堂の日々

.23

ホッキョクグマ

輝く瞳と軽やかなステップの彼、お披露目です。

2015年より大阪天王寺動物園を離れて、
白浜アドベンに長期出張中のゴーゴ。
彼をモデルにした羊毛グマ、完成しました~(^-^)

定番のサイズより一回り大きいサイズ、
羊毛イッちゃんグマと並べたときに、
ご本グマと同じような体格の差になるかな~

「あ!飼育員さん!」
20170623_3.jpg
彼を見つめるたくさんのギャラリーの中に、飼育員さん発見。

「今日は何かな?」
20170623_2.jpg
おやつは白菜かな?人参かな?リンゴかな?
もしかしてお肉?

ワクワクした気持ち、脚取りや目の輝きでわかりますよ♪
20170623_10.jpg
体の大きさが今の半分ぐらいだった頃に、
はるばるロシアからやって来た彼。

お母さんは伝説のホッキョクグマ、野生出身のアンデルマさん。
今もロシアでご健在です。
野生に生まれて、お母さんと同時に人間に捕獲された、
父違いの長兄メンシコフさん。
残念ながら、昨年に亡くなりました...彼は16頭の子供たちの父でした。
20170623_16.jpg
ゴーゴもお父さんになりましたよ。
彼にそっくりな娘のモモは浜松で暮らしています。

すぐ上の兄は姫路のホクトくん。
日本には、彼の甥っ子や姪っ子の子供など、
たくさんの血縁のあるクマ達が住んでいます。
20170623_12.jpg
バフィンさんがお嫁入りするまで、
独りぼっちで暮らしていたゴーゴ。

残念ながら、その頃の彼は知らないけれど、
20170623_4.jpg
イッちゃんが大阪に来たばかりの頃、
さびしい声で鳴いてたように、彼も寂しそうだったのでしょうか..

そんなちびゴーゴが大阪の人々を魅了したのは、
20170623_5.jpg
大の人気者になったのは、
彼が生まれ持った性格、可愛らしさのせいでしょうか。

何だかとても愛らしい...
成獣となった彼にかける言葉ではないかもしれませんが、
20170623_1.jpg
初めて会った時にそう思いました。

お部屋を右から左へ繰り返し歩くとき、
端っこで見せる、ダンスのステップのような、後ろ脚さばき。
歩くときに何かぶつぶつ言ってるような口元。
バフィンさんのお部屋前で、ちょっかい出すしぐさ。
20170623_6.jpg
何より、ギャラリー側を見上げる時の目の輝き
20170623_15.jpg
可愛いったらありゃしません...(*≧∪≦)

羊毛ゴーゴ、
そんなかわいらしさを出せたでしょうか?
軽やかに飼育員さんに駆け寄る雰囲気を出せたでしょうか。
20170623_8.jpg
足裏は天王寺時代はあまり毛がありませんでした。
肉球は、すれて真ん中がピンク色でした。
なので、羊毛ゴーゴも足裏はグレーを強めに。

雄のカクカクした骨格のお尻。
20170623_9.jpg
お尻あたりの毛を長めに残し、隠しましたが、
実はその奥に男の子のお印もついてます。

かかぁ殿下の年下夫...などと揶揄されたりもしましたが、
20170623_13.jpg
バフィンさんとの間に、しっかり結果を出したゴーゴ。

今は新たなパートナー、やはり年上の美魔女オホトさんと、
20170623_7.jpg
白浜バカンス....

白浜生活には色々思う事はありますが、
20170623_14.jpg
「ゴー浜」が誕生するのなら、それもまた大いに良し。
(また有無を言わさず人口哺育...と考えると心がザワザワしますが...)

どうかその可愛らしさを保ったまま、
20170623_17.jpg
天王寺にご帰還下さいと、願わずにいられません。

そして、今度は年下妻のイッちゃんと、
20170623_11.jpg
また新しいファミリーの姿を築いて下さいね。

新居はまだか?


↓1日1回ポチッとしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

.22

ホッキョクグマ

背中のラインを大事にしました。

いやぁ昨日はものすごい雨風でございました。
梅雨に入って10日あまり...
空梅雨気味だったのに、1日で一挙に降りました...

羊毛ゴーゴ、湿気で多少膨張していますが、
基本、スレンダーなご本グマ様をモデルにしております。
毛並みも季節によって多少変わりますが、
「フカフカ」という形容詞は似合わない、ショート派の彼。
20170621_1.jpg
大阪、暑いしね~(´∀`; )

雄らしい背中とお尻のラインを目指してみました。
20170622_1.jpg
まぁるいフォルムの女子グマに比べ、
カクカクしたラインの雄らしいお尻...
ぽっちゃり男子でも、やはり後ろ姿は違います。

すっきりした首元にも、
20170622_2.jpg

やはり植毛いたします。
20170622_3.jpg
ほとんど切っちゃいますけどね~

ご本クマゴーゴは、あまりプレスリーを感じさせませんが、
白浜生活で少しはフリンジが伸びたのでしょうか...
20170622_4.jpg
この長い羊毛もほとんどカットしてしまいます。

先月に訪れた天王寺動物園、
おやつタイム準備中の飼育員さんのお話しによると、
ゴーゴの帰還はまだまだ先とのこと。

太陽の光の中で見られるのはいつの日か...(´-`).。o
20170622_5.jpg
いやいやその前に、白浜でも父になったりして..
こぐまの名前は「ゴー浜」かいな。浜家の仲間入り。
ちょっと皮肉こめました...

トリミングしたら、完成でーす!


↓1日1回ポチッとしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村




.20

ホッキョクグマ

どうしても避けて通れない問題...

梅雨の晴れ間も今日までの様です。
明日は夏至、夏至を最後に涼しくなってくれたらなぁ~
夏は苦手だーー( ノД`)

なんて言ってても、羊毛が顔に貼りつく夏は必ずやってきます。
さ、進めましょ。
20170620_1.jpg
アイラインと目元の影、入りました。

散々、モデルのクマは人気者と書いてきました。
モデルがいる場合は自分で撮った写真と、
画像検索で集めた写真を参考にします。
そんな写真をいっぱい見ていて思うこと。

「モモちゃん、やっぱりお父ちゃんにそっくりやん...」

そう、もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。
モデルさんはモモの父、ゴーゴです。
ただ今、白浜に長期出張中...

今の段階では、似ていなくてもお許し下さいませ<(_ _)>
20170620_2.jpg
まぶたと口元が入りました。
口元は少し開けて、にこっとな。

ゴーゴはいつも目がキラキラしている印象。
他の雄に比べて、目元の骨格がなだらかなのかも。
そのせいか、影が入らず目の輝きや動きがわかりやすい。
大きくて美しいアーモンド型の目を、
娘のモモはそのまま受け継いだのですね(´ω`人)

耳もつきました。
20170620_3.jpg
今のところ、この角度が一番似てるかも...

ゴーゴをモデルにした以上、
どうしても避けて通れない決断が必要なところがあります-_-b
おでこのハゲ問題...(´-`).。o
彼のチャームポイントではありますが、はて、どこまで入れるか?
年代や季節によって場所も違う....

色々悩んだ末、出張前の比較的きれいなおでこにすることに。
バフィンさんの出産子育てをじゃましないための、長期野宿生活。
押し付ける檻がなくて、きれいに生えそろったおでこの毛。
しかしかすかにその名残りが....のおでこ。
20170620_4.jpg
うっすら、麿。
う~ん、ちょっと耳が大きすぎるか....

あれこれ微調整しながら、進めることにしましょう。
20170620_5.jpg
プロポーションも多少直しています。
難しいわ~細マッチョ男子...


↓1日1回ポチッとしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村




.19

ホッキョクグマ

胸騒ぎの脚つき。

今日は貴重な梅雨の晴れ間になりそうです。
けれど、雨が必要な時期に雨が降ることの方が大事。
わが家の前の遊歩道に咲く、真っ白な紫陽花の美しいこと!
雨が降るとなお美しく、梅雨もまた楽しです。

さて、こちらの白いの。
今回は脚先に表情を持たせたいと、密かに思っております(^ー^)ノ
20170619_1.jpg
右の後ろ脚のつま先をほんの少し上げたり、
左はバレリーナの様にポーズを取ってたり。

前脚はというと...
20170619_2.jpg
こちらも浮足立った感じ。
最終的にはバランスを見て、どう浮かすか決めようと思います。
...全然“密か”じゃありません。

モデルさんは、感情豊かなクマなのだと思います。
喜びを体全体で表す彼。
飼育員さんの姿を見つけたら、ソワソワワクワク♪
目がキラリーン
20170619_3.jpg
そんな表情を目指してお顔作りスタート。

今回は少し大きめサイズなので、刺し目は3.5㎜を使用。
20170619_4.jpg
いいお顔になりますように....


こちらもいい顔。
週末のニュースを賑わせた、トワイライトエキスプレス「瑞風」。
20170619_5.jpg
先月、京都駅の嵯峨野線の反対側のホームにて。
偶然に瑞風のお披露目に出くわし、にわか撮り鉄と化しパチリ!

美しい鎧の騎士のよう~
あ~宝くじに当たったら、乗ってみたい....


↓1日1回ポチッとしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村




.18

ホッキョクグマ

モデルさんは人気者。

空梅雨模様ではありますが、
今日はどうも梅雨らしいお天気になりそうです。

6月も半ばを過ぎて、制作はちょっとお尻に火が着いてる状況...
新しい母子像の誕生のあと、
またまた作るはホッキョクグマ...(´∀`; )

今度は単体のクマ。
20170618_1.jpg
サイズは少し大きめで、5月の展示会用に作った、
オーロラさんやクルミちゃんモデルと同じ長さの骨組み。

雄グマ想定なのですけれど、
20170618_2.jpg
モデルとするクマはスレンダーで脚長さん...

以前に会ったときは、5月の陽射しに毛並み輝く若者...
と言ったイメージでした。
なので、太り過ぎないよう慎重に肉付け。
雄らしいカクカクしたお尻を目指します。

そして何より表現したい、
20170618_3.jpg
彼の軽やかな脚取りと、わくわくした表情...
まだのっぺらぼうですけどね。
前脚だけ1段高いところに乗せて、上方向を見上げるポーズ。

腰高な雄の体形を目指しているのですけれど、
20170618_4.jpg
いつもお母さんボディを作り慣れている身としては、
ついついなだらかボディーに作りがち。
部分を都度修正しながら進めて行こうと思います。

想定モデルグマは、たくさんのファンがいる人気者。
「全然違う!」なんて、お叱りを受けないよう、
慎重に進めます...


↓1日1回ポチッとしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村






プロフィール

りつ

Author:りつ
2013年夏、羊毛フェルトに出会いました。
大好きなホッキョクグマを中心に、日々制作しています。


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -






おくま堂にようこそ

最新トラックバック

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

RSSフィード 管理者ページ